2015/12/11 19:00




レドゥーは靴作りが好きなデザイナーが、より靴を楽しんでもらいたいという想いから製作をスタートしました。
自分の手で1足を作るところから始め、シューズデザインの企画を経験したのち、やはり実際に靴作りに関わりたくて靴の工場で靴作りの経験を積んできました。そしてパタンナーとして、靴作りの知識を多方面から学ぶことができました。

靴といっても様々なデザインがあり、また履きやすい靴も世の中にはたくさんあります。
中敷に低反発クッションが入ったものや、木型に工夫を凝らし、疲れにくく履きやすいパンプス。

ただ、どうしても人間の足なので、ひとつの靴がたくさんのお客様にフィットするのは難しいのが現状です。
メーカーさんのお靴は、履き心地の基本となる足入れモデルの方が一人いらっしゃる場合や、企画室のサンプルサイズのデザイナーが数人で試し履きをして履き心地を決めるというのが一般的です。
靴のデザインや素材によって履き心地は変化するので、最終的に足入れを決めるということは、何より難しい作業です。

サイズは同じでもむくみやすい体質の方や骨ばっていらっしゃる方、足の指が長い方、かかとの丸みが小さい方、、。
やっぱり木型ひとつでは対応がむずかしいと思います。

自分にぴったりと合う靴をみつけるのも運命の出会いくらいの確率で、気に入ったお靴が足に合うかも分からない。

私自身もそうだったんですが、自分の足が平均値ではないために売られているお靴が合わないのだとずっと思っていました。
たくさんのお客様とお話させていただいて感じることは自分の足がおかしいと思っているということです。
顔が一人一人違うように、足だって一人一人違います。
無理に足を靴に合わせなくても大丈夫ですよ。

もし、履きたいけどパカパカとなってしまう靴などがありましたら、是非シューループの履き心地を試してみてください。

レドゥーのオリジナルショップはないですが、東京では銀座の松屋、渋谷ではヒカリエ、東横店、横浜ではそごう横浜店、
名古屋では名鉄百貨店、福岡では天神の三越で、全店舗婦人靴売り場でお取り扱いしております。
シューループのサンプルがございますので、実際に合わせたいお靴をお持ちになってどんどんお試しいただけたらと思います。



シューループで履きたいお靴がストレスなく履いていただけることを願って、今日も一つ一つ日本の職人と一緒に、丁寧に作っています。

(強度を保つため、ベルトと中に芯材を2重に入れており、伸びることなく長くお使いいただけます。
さまざまなパンプスにお使いいただけるよう、微妙なカーブで角度を調整しております。)