2019/04/21 11:14

レドゥーのシューループは2012年にスタートをして、8年目になりました。


きちんと靴のこと(作りのことや木型などベースとなること)を知った上で、今までになかったシューズアクセサリー専門のブランドを作りたいとスタートしました。


シューループを作り始めた時から変わらない想いは


”お客さんの使い心地や、長く使ってもらえること”


を第一に考え、職人共々、作り続けています。


全て本革を使用し、金具もより粘り気のある真鍮を使うことで、パキッと折れないようにしています。(いくつかの金属を混ぜた合金が使われることが多いです。合金は負荷のかかり方によっては折れることがあります。)

全商品の金具は浅草の金具屋さんが丁寧に作ってくれているので、細部の磨きが繊細で輝きや仕上がりが全然違います。


また、本革本来の素材の強さをきちんと活かしながら、芯材もしっかり入れているので、かなりの強度があります。


簡単に買い替えるのではなく、丁寧に作られたものを長く使ってほしいと、心から思っています。


これからもその想いは変わらず、丁寧にシューループを作っていきます。